profile


小林写楽
Sharaku Kobayashi

Sharaku Kobayashi has now begun a series of solo projects to further pursue his signature musical style, 8-bit pop.

Vocalist and sound creator for FLOPPY, one of the strongest techno-pop groups in Japan, Sharaku Kobayashi has decided to spell his name out in English for his solo career in order to emphasize his intent on taking his work overseas.
On the other hand, he retains a strong "Made in Japan" flavor in his style, both through his Kimono outfit and Japanese melodies.
With his extensive experience as a dedicated vocalist, Sharaku's stage presence is solid and dignified.
He gathers fame as one of the few Electro artists that can truly rock a crowd.


日本のテクノポップユニットとして、最高峰のひとつであるFLOPPY
そのFLOPPYのヴォーカリスト兼サウンドクリエイターである小林写楽が、
得意の8bitサウンドをさらに追求すべく、2015年よりソロ活動を開始した。

チップチューンを演奏する時の名義「Sharaku Kobayashi」は、海外での活動を念頭にし、
あえて英字表記に。
また、着物を衣装に採用したり、和風のメロディーを織交ぜることで「MADE IN JAPAN」を強調させている。
楽器を持たない専任ヴォーカリストとして活躍時期も長く、ステージパフォーマンスも実に堂々としたもの。
客席を沸かせることのできる数少ないエレクトロアーティストとして注目を集め続けている。